宮城県仙台市:仙台喜多運輸株式会社 | 一般貨物運送事業/2~4tエアサス、パワーゲート車保有、併設 認証整備工場

仙台喜多運輸株式会社

社長コラム

お水の点検

こんにちは。佐々です。

あなたが、乗っているトラックの水温計は

普段どの位置を示しているのでしょうか。

水温計の針が振れ幅の中心を

示していれば正常です。

突然ヒータの風がぬるくなり、寒くて困ったときありませんか。

原因として、サーモスタット不良、ヒーターコア不良、

ラジエータの目詰り、ラジエータキャップ不良等が

考えられます。実際に車を直接視ないと

ヒーターが効かない原因は絞り込めませんが、

本日は弊社が行っているメンテナンスを

一つご紹介しましょう。

年に一度行えば寒い思いをしなくてよいのでお勧めです。

まず、準備するものはクーラントの原液と水道水。

手順は以下のとおり。

①ラジエータ本体の下部に取付いている水抜き

 栓を緩め、クーラントを抜き始めます。

 次いでラジエータキャップを緩め

 さらにクーラントの抜きをよくし、

 全量抜いてください。

②クーラントを抜いている最中に、

 補充するクーラントを準備します。

 クーラントの原液と水道水を

 30パーセントの割合で混合して

 ください。これでおよそマイナス30度対応です。

③ラジエータのクーラントが抜けたら、

 水抜き栓を締めてください。

④ラジエータに②で造った30パーセント

 のクーラントを溢さない様

 静かに注いでください。

⑤ラジエータの口一杯までクーラントが

 満たされたら今度はエア抜きを行います。

⑥エア抜きは、ラジエータキャップを外した

 状態で行います。エンジンを始動し、

 温まるとエンジン内部とラジエータ内部を

 クーラントが循環します。エアが抜け

 始めると、クーラントが目減りする

 ので随時30パーセントのクーラントを

 口まで補給してください。

 エアが抜けきったらエンジンを停止、

 ラジエータキャップをしっかり締めてください。

 これで完了です。

その後の走行中、水温計の針が上昇するときは

エア抜きが不十分なことが考えられますので、

エンジンが冷えてから、再度エア抜きを

行ってください。

ここに紹介した方法は実際に弊社で

行っていますが、皆さんが同様に行うに

あたり品質を保証するものでは

ありませんので、各自の責任の基、執り行ってください。

本日はクーラントの交換を紹介しました。

今日も、ご安全に。

仙台喜多運輸株式会社

■住所
〒983-0035
宮城県仙台市宮城野区日の出町3丁目3番1号
■フリーダイヤル
0120-027-097
■代表電話番号
022-239-2797
■FAX番号
022-239-2025
■営業時間
AM7:00~PM6:00
■地図・交通案内
国道45線「日の出町2丁目交差点」南下 宮城野消防署先左折
最寄り駅:仙石線「小鶴新田駅」

仙台喜多運輸はお客様のすぐれた商品やサービスを求める人へつなぐお手伝いをしております

Copyright ©2006-2018仙台喜多運輸株式会社 All Rights Reserved.